二十歳街道まっしぐら
お得なサイト お得なツール 小ネタ ゲーム ニュース 画像関連 動画関連 音楽関連 このブログの読者になる
TOP > スポンサー広告 > TOP > 小ネタ >
タレコミNEW!! | メルマガ | お問い合わせ

★新URL:http://20kaido.com/
★新RSS:http://20kaido.com/index.rdf
いままでFC2ブログで5年間、お世話になりました。感謝です。
移転先でもよろしくお願いいたします!
二十歳街道まっしぐら(FC2ブログ時代)人気記事TOP50まとめ

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エントリー詳細 --年--月--日 | スポンサー広告 > |

テスト前に「全然勉強してない」と言う理由 このエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む


テスト前に「全然勉強していない」と言う理由。

テスト直前になると、必ず飛び交うセリフが、

「全然勉強してな~い!」

というもの。

それでいて、
ちゃっかり勉強していて、
ちゃっかり良い点取っちゃう人も多いようですが・・・。

さて、
年齢・性別その他ほとんど関係なく、テスト前に飛び交うこの

「勉強してない」宣言。

実はこれ、心理学的に説明のつく行動なのです。

「自分はダメなヤツだ」と思ったことのある人は、そう少なくはないでしょう。

しかし、人間はやはり自分がかわいいので、

「ダメなやつだ」

とは思いたくはありません。

それでも、
何か物事に取り組んで失敗すると、落胆し、
「ダメなヤツだ」と思い込んでしまいます。

そこで!
人間の脳は無意識のうちに、「ダメなヤツだ」と思わないように伏線を張っておくのです。


物事に全力で取り組み、失敗すると、もう立ち直れません。
言い訳も利きません。

ではどうすればいいでしょうか?


そう、

物事に全力で取り組まないようにするか、

「全力で取り組んでいないんだ」と無意識のうちに暗示をかけるのです。

もちろん、本人は意識してはいませんが、脳の奥では、

「自分は全力ではない、自分は全力ではない。」
と暗示をかけているのです。

しかし、
それで自己満足は出来ても、無意識のうちに、
周りの人間の目を気にします。

つまり、「『あいつは全力で取り組んだのに失敗した。ダメなヤツだ。』と思われてしまうのでは?」と思ってしまうのです。


そこで、
脳は今度はそれを防ごうとします。

そのために必要なことはただ1つ。

「周りの人間に、『自分は全力ではない』と言うことを知らせる。」

これだけです。

つまり、
「自分は全力ではない」と周りにアピールすることにより、
失敗しても 周りから「ダメなヤツだ」と思われていない、

と自己満足をするわけです。

そして、その行動として現れるのが、最初に書いた、


「全然勉強してな~い」


もし、「オレは勉強しまくったぜ!!」と言って失敗すると、
周りからは「ダメなヤツ」と思われてしまうと、脳は考えます。

そのため、真偽はともかく、自分は本気ではないということを
アピールするために、
「勉強していない」宣言するのです。

こうすれば、もし失敗しても

「勉強してなかったんだから」と言い訳が利きます。

なので、テスト直前になると 必ず
「勉強してな~い」と言うセリフが飛び交うのです。

ちなみに、このように、
「全力で取り組んでいない」と暗示をかけ、
さらに 周りの人間に対してもそれを強調する行動を、


「セルフ・ハンディキャッピング」


といいます。
関連記事

見たい夢を見る方法 トップページへ戻る 一枚の紙
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。