二十歳街道まっしぐら
お得なサイト お得なツール 小ネタ ゲーム ニュース 画像関連 動画関連 音楽関連 このブログの読者になる
TOP > スポンサー広告 > TOP > 小ネタ >
タレコミNEW!! | メルマガ | お問い合わせ

★新URL:http://20kaido.com/
★新RSS:http://20kaido.com/index.rdf
いままでFC2ブログで5年間、お世話になりました。感謝です。
移転先でもよろしくお願いいたします!
二十歳街道まっしぐら(FC2ブログ時代)人気記事TOP50まとめ

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エントリー詳細 --年--月--日 | スポンサー広告 > |

君のせいじゃないよ このエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

その日 私は友達と海に来ていました。

私達は海岸線の岩の上を二人で歩いていました。

ふと私が顔を上げると前方に一組のカップルが居ました。

どうやらなんだか元気がないようでした。

私は悪いなぁ~と 思いながらも、
カップルの話に耳をそばだててしまいました。

彼女の方は泣いているようでした。


「ごめんね・・・私がバカだから、、」


「違うよ、 お前のせいじゃないよ」


「ごめん・・・本当にごめん」



あー喧嘩でもしたのかなと、思いました。


そして振り返って友達に

「ほら、あそこのカップル取り込んでるみたいだから私達戻ろうよ」と 言いました。


すると、友達は不思議な顔をして

「え?? カップルなんていないじゃん」といいました。


私は 「またまた~」と言って
先ほどカップルが居た場所に目をやりました。


そこには誰も居ませんでした。


私は怖くなって友達の手を引いて 逃げるように海から帰りました。


これは後から聞いた話ですが、

数年前、 あの海で一組のカップル が亡くなるという事故があったそうです。

何でも、その二人のカップルは友達数人と スキューバダイビングをしにこの海に来たんだとか。


そして彼女がダイビング中に ボンベを岩の切れ目にはめてしまい、
ボンベを岩からも身体からも話すことができなくなったとか。

何のしようもなく、救助隊を呼んでも手遅れ、ボンベの残量も尽きてきた友達は皆 泣く泣く彼女を見捨てることにしました。

それが最良の方法ですし。


しかし、彼氏は周りの人間を振り切り、
彼女の元に向かった。


そして 二人はボンベの空気が切れて死ぬまで 一緒に居たそうです。



いや、死んでもなお一緒にいるのです。。。。。。。。




なんだか悲しくなるなぁあ
関連記事

AJAX PICS で Web上画像加工! トップページへ戻る ラーメンデータベースでラーメン王になろう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。