二十歳街道まっしぐら
お得なサイト お得なツール 小ネタ ゲーム ニュース 画像関連 動画関連 音楽関連 このブログの読者になる
TOP > スポンサー広告 > TOP > 小ネタ >
タレコミNEW!! | メルマガ | お問い合わせ

★新URL:http://20kaido.com/
★新RSS:http://20kaido.com/index.rdf
いままでFC2ブログで5年間、お世話になりました。感謝です。
移転先でもよろしくお願いいたします!
二十歳街道まっしぐら(FC2ブログ時代)人気記事TOP50まとめ

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エントリー詳細 --年--月--日 | スポンサー広告 > |

賢いガキ このエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

客の男が、

果物屋の店先で 主人と話し込んでいた。


そこに通りかかったのが、薄汚いボロを着た小さな男の子。



「おや??あそこを歩いているガキは、とんでもない間抜けでしたね、、、」



果物屋は くすくすと笑った。





「話のタネにちょっと実験してみるから、見ててくださいな。」





「おおい、トミー。」



果物屋は大声を張り上げた。


「こっちだ。こっちに来い!」


トミーは、ぼんやりした顔つきで

キョロキョロすると、やっと果物屋にきづいたようで、


ノコノコと近づいてきた。



「な・・・なんですか。ウィリアムさん・・・」



果物屋は、


釣銭の中から、


汚い25セント貨

キラキラ光る10セント貨


を選ぶと、


地面にポンと投げた。


「おい。トミー。お前の好きな方をやるぞ。」



トミーは しゃがみこんで、


じっと2枚の貨幣を


見比べていたが、


手に取ったのは、キラキラ光る10セント貨の方だった。




1時間後、


客の男は、とおりでトミーを呼び止めて、

25セント貨を選ぶべきだったんじゃないかと、


アドバイスした。



トミーは 男の目をまっすぐに見つめると、
小さく微笑んだ。












「だって、おじさん。
もし25セント貨を選んだら、

それでもうおしまいでしょう???



どっちが 間抜け???
関連記事

GoogleAnalyticsでスーパー無料解析 トップページへ戻る 波にノレ!星集めゲーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。