二十歳街道まっしぐら
お得なサイト お得なツール 小ネタ ゲーム ニュース 画像関連 動画関連 音楽関連 このブログの読者になる
TOP > スポンサー広告 > TOP > 小ネタ >
タレコミNEW!! | メルマガ | お問い合わせ

★新URL:http://20kaido.com/
★新RSS:http://20kaido.com/index.rdf
いままでFC2ブログで5年間、お世話になりました。感謝です。
移転先でもよろしくお願いいたします!
二十歳街道まっしぐら(FC2ブログ時代)人気記事TOP50まとめ

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エントリー詳細 --年--月--日 | スポンサー広告 > |

ノロノロ運転 このエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

パトロール中の警官が、ノロノロと走っている1台の車を停車させた。

運転していたのは80歳ほどの老婦人で、同じくらいの年齢の老婦人が4人、助手席と後部座席に座っていたが、

運転していた女性以外はみな目を見開いたまま放心したいた。

警官「マダム、安全運転は結構ですが、あなたの運転のせいで渋滞してしまっています。」

警官は車内の異常な雰囲気を怪訝にに思いつつ言った。

老婦人「おまわりさん、私は交通法規を守っているのですよ。」

注意された老婦人は不満そうに答えた。

警官「交通法規ですか?」

老婦人「そうです。ほら、あそこに、この道路の制限速度が書いてあるでしょう。」

警官「マダム、あれは国道12号という意味の標識です。時速12マイルで走れという意味ではありません。」

間違いを指摘された老婦人は赤面した。

老婦人「すみませんでした。おまわりさん。」

警官は微笑んで首を横に振りながら、言った。

警官「これから注意してくだされば、構いませんよ。ところでマダム・・・」

老婦人「なんでしょう?」

警官「車内の皆さんは、まだ放心されたままですが、どうされたのでしょうか??」

老婦人「私にもわかりません。さっきまでは皆楽しくおしゃべりしたい他のですよ。」

警官「いつまで?」

すると老婦人が答えた。


老婦人「国道44号から国道265号に入るまでです。」
関連記事

YouTube動画の音声だけ保存の仕方 トップページへ戻る 超リアル卓球ゲーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。