二十歳街道まっしぐら
お得なサイト お得なツール 小ネタ ゲーム ニュース 画像関連 動画関連 音楽関連 このブログの読者になる
TOP > スポンサー広告 > TOP > お得なサイト > Webサービス
タレコミNEW!! | メルマガ | お問い合わせ

★新URL:http://20kaido.com/
★新RSS:http://20kaido.com/index.rdf
いままでFC2ブログで5年間、お世話になりました。感謝です。
移転先でもよろしくお願いいたします!
二十歳街道まっしぐら(FC2ブログ時代)人気記事TOP50まとめ

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エントリー詳細 --年--月--日 | スポンサー広告 > |
トラックバック先[webservice][bookmarklet][javascript]短縮URLを復元するブックマークレット(diary id:userinjapan)
TinyURL や bit.ly などで短縮されたURLを元のURLに戻してくれる Untiny 。Untinyは現在224の短縮URLサービスに対応しているようだ(トップページの”Supported Tiny Services”による)。ページ中の短縮URLをこのUntinyで展開(?)するブックマークレットを自作したのでメモ

短縮されたURLを復元してくれるサイト「Untiny」(Greasemonkeyあり!) このエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

Untiny
短縮URLを元に戻す!

Untiny」は短縮URL生成サイトで作られた短縮されたURLを元に戻してくれるサイトです。
短縮されていると、実際はどんなURLか分からないですよね。
このサイトを使えば、元のURLが分かるので、アクセスするときに参考になります。

また、Greasemonkeyも用意されていて、これがけっこう便利!
是非入れてみましょう!

以下に、サイトを使ってみた様子とGreasemonkeyでの動作を載せておきます。


短縮URLを一発復元!

まず有名な短縮URLサイト「tinyurl」で、短縮URLを作ってみました。
Untiny

そして、「Untiny」で短縮URLを入れて、元に戻します!
Untiny
このように、入力ボックスの下に元のURLが表示されます。

ちなみに、短縮URLのサイトによっては対応していないこともありますので注意。


Greasemonkeyスクリプトを入れるとその場で復元可能!

しかし、毎回「Untiny」にアクセスするのは流石に面倒です。
そこで「Greasemonkey」のスクリプトを入れましょう。
(↑にアクセスしてサイドバーの「Greasemonkey」をクリックすると表示されます。)
Untiny
「Download」ボタンをクリックするとインストール開始です。

Greasemonkeyを有効にして、このような短縮URLがあるページを見てみます。
Untiny
なにやら「Untiny」のアイコンがぽろりんと表示されます。

しばらくすると、URLが復元されました!
Untiny

短縮URLがたくさん含まれるページでは、多少復元に時間がかかりますが、ひとつやふたつならすぐに表示できます。
Greasemonkeyは入れておいて損はないですねー。
是非活用してみましょう!




関連記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 Add to Google
http://tokuna.blog40.fc2.com/tb.php/1802-88195344


トラックバック先[webservice][bookmarklet][javascript]短縮URLを復元するブックマークレット(diary id:userinjapan)
TinyURL や bit.ly などで短縮されたURLを元のURLに戻してくれる Untiny 。Untinyは現在224の短縮URLサービスに対応しているようだ(トップページの”Supported Tiny Services”による)。ページ中の短縮URLをこのUntinyで展開(?)するブックマークレットを自作したのでメモ
【週末ネタ】これはすごい!色彩錯視体験 + 32記事【2009/06/21-06/26】 トップページへ戻る 暇つぶしにもってこい!ウェブ上で「数独」ができるサイト「Play Sudoku Online」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。