二十歳街道まっしぐら
お得なサイト お得なツール 小ネタ ゲーム ニュース 画像関連 動画関連 音楽関連 このブログの読者になる
TOP > スポンサー広告 > TOP > 小ネタ > 雑学
タレコミNEW!! | メルマガ | お問い合わせ

★新URL:http://20kaido.com/
★新RSS:http://20kaido.com/index.rdf
いままでFC2ブログで5年間、お世話になりました。感謝です。
移転先でもよろしくお願いいたします!
二十歳街道まっしぐら(FC2ブログ時代)人気記事TOP50まとめ

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エントリー詳細 --年--月--日 | スポンサー広告 > |

雷への対処法 このエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

雷
参考:StillGreen http://ww1.enjoy.ne.jp/~turikiti/
(※閉鎖?)

雷への対処法です。

■基本体勢
足を閉じてしゃがむ

■外にいるとき

まずは、安全な場所へ逃げましょう!
- 安全な場所
 ・自動車
 ・電車
 ・建物(しっかりしてるもの)
 ・避雷針のある山小屋

- 高いものの近く
 ・高さ4m~30mの鉄塔
 ・ポール
 ・煙突
 ・高い木
これらは、その高さを半径とした円内に入り、すべての枝や葉先から2m以上離れましょう。

- 低いものの近く
 ・低い樹木
樹木などに落雷すると、そこから被雷する危険があります。
できるだけ姿勢を低くしましょう。

- 電線の下(高さは30m以下)
電線の真下が、一番安全です。
高さの2倍の幅までは安全です。
(もし、鉄塔が近くにある場合は、鉄塔から2m以上離れます。)

- 危険な場所
 ・テント
落雷しやすいので、すぐに避難!テントから離れて姿勢を低くします。
 ・平原
そこにある高い物体に落雷しやすいので、窪地や低いところで姿勢を低くしましょう。
 ・山頂
斜面(中腹)に降りて、姿勢を低くしましょう。
 ・岩場
落雷しやすく、他の所で落雷があっても、その電流が流れてくるので、岩場から離れましょう。
 ・森
樹木に落雷したら、そこから被雷する危険があります。森から出ましょう。もしくは低い姿勢で!
・軒先
側撃雷が危険です。雨をしのぐために、軒先にいるのは危険なので、すぐさま逃げ出しましょう。

※高いものから2m以上離れる理由
側撃雷(落雷を受けたものや人の近くにいると、その近くの人にもさらに放電が移る)が危険なので。
雷による、死傷事故は側撃雷によるものがほとんどです。


■家の中にいるとき
- 屋根に落雷すると、立っている人に飛び移ることもあるので、これまた姿勢を低く。
- テレビのアンテナや電話回線から雷電流が入ってくることがあります。
 なので、屋外アンテナにつながっているテレビからは2m以上離れます。
- 天井、壁、柱などからも1m以上離れます。部屋の中央へ移動しましょう。

■アクセサリ
金属類は、体からはずしましょう。


雷怖すぎですね・・・><
関連記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 Add to Google
http://tokuna.blog40.fc2.com/tb.php/1283-a25376cc


スタウォーズのオープニングが作れるサイト「Star Wars Crawl」 トップページへ戻る レシートを作ってくれるサイト「Custom Receipt Maker」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。