二十歳街道まっしぐら
お得なサイト お得なツール 小ネタ ゲーム ニュース 画像関連 動画関連 音楽関連 このブログの読者になる
TOP > スポンサー広告 > TOP > 小ネタ >
タレコミNEW!! | メルマガ | お問い合わせ

★新URL:http://20kaido.com/
★新RSS:http://20kaido.com/index.rdf
いままでFC2ブログで5年間、お世話になりました。感謝です。
移転先でもよろしくお願いいたします!
二十歳街道まっしぐら(FC2ブログ時代)人気記事TOP50まとめ

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エントリー詳細 --年--月--日 | スポンサー広告 > |

人の人生とは・・・ このエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む

【第一日目】

神は牛を作られた。

神:「牛よ、野へ出て子牛を産み、ミルクをだせ。牧場のために働くんだ。60年の寿命を与えよう。」

牛:「60年も働くのですか?それはきつい。20年で十分です。あとの40年はお返しします。」

神:「わかった。」


【第二日目】

神は犬を作られた。

神:「犬よ、玄関に座って見張りをするのだ。誰か来たら吠えるのだぞ。20年の寿命を与えよう。」

犬:「20年も吠えるのですか?長すぎます。10年で十分です。あとの10年はお返しします。」

神:「わかった。」


【第三日目】

神は猿を作られた。

神:「猿よ、猿真似をして人間を喜ばせろ。20年の寿命を与えよう。」

猿:「20年猿真似なんて勘弁してください。犬も10年返したんでしょ。10年お返ししますよ。」

神:「わかった」


【第四日目】
神は人を作られた。

神:「人間よ、20年食べて寝て遊んでセックスして他に何もするな。ただ楽しめ。」

人:「たった20年?それじゃああまりにも短い。牛と犬と猿の返した分をこっちにくれませんか?」

神:「わかった」



そんなわけでわれわれ人間は、最初の20年楽しく遊んで何もせず、次の40年は家族のために牛のように働き、次の10年は孫たちをあやすために猿真似をして、次の10年は玄関に座って誰か来るたびに文句を言ってるってわけだ。


人の一生ってなぜこうなるかわかっただろ??



(・∀・)なるほろ


関連記事

IE7BETA2を使ってみよう トップページへ戻る 電車の中で見かけたこと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。